スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミク@結ンデ開イテ羅刹ト骸 歌詞



作詞&作曲&編曲:ハチ



片足無くした猫が笑う 「ソコ行ク御嬢サン遊ビマショ」
首輪に繋がる赤い紐は 片足の代わりになっちゃいない

や や や や 嫌嫌嫌

列成す卒塔婆の群が歌う 「ソコ行ク御嬢サン踊リマショ」
足元密かに咲いた花は しかめっ面しては愚痴ってる

腹を見せた鯉幟 孕んだのは髑髏

やい やい 遊びに行こうか
やい やい 笑えや笑え
らい らい むすんでひらいて
らい らい 羅刹と骸

一つ二つ三つで また開いて
五つ六つ七つで その手を上に
松の樹には首輪で 宙ぶらりんりん
皆皆皆で 結びましょ


下賤な蟒蛇墓前で逝く たかりだす親族争いそい
「生前彼ト約束シタゾ」 嘯くも死人に口は無し

や や や や 嫌嫌嫌

買って嬉しい花いちもんめ 次々と売られる可愛子ちゃん
最後に残るは下品な付子 誰にも知られずに泣いている

やい やい 悪戯しようか
やい やい 踊れや踊れ
らい らい むすんでひらいて
らい らい 羅刹と骸

三つ二つ一つで 息を殺して
七つ八つ十で また結んで
高殿さえも耐え兼ね 火傷を背負い
猫は開けた襖を閉めて行く

結局皆様他人事(結局皆様他人事)
結局皆様他人事(結局皆様他人事)
結局皆様他人事(結局皆様他人事)

他人の不幸は 知らんぷり!

やい やい 子作りしようか
やい やい 世迷えや世迷え
らい らい イロハニ惚れ惚れ
らい らい 羅刹と骸

一つ二つ三つで また開いて
五つ六つ七つで その手を上に
鳥が鳴いてしまわぬ 内にはらへら
一つ二つ三つで また明日


一つ二つ三つで また明日






この曲怖いぜwww




もし宜しければクリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

初音ミク@Dear 歌詞

▼通常ver.



▼セルフアレンジver.


作詞&作曲&編曲:19's Sound Factory


頭の中で聞こえる君の声が 今も私の心を揺さ振る
記憶の中で君はいつでも  優しく微笑んでいるよ

あの日帰る途中君と二人 笑いながら手を繋いで
ずっとずっとこんな時が 続くと思っていたのに
君が最後に言った言葉  「今までありがとう」が
ずっと鳴り止まないんだ… 

逢いたくて逢いたくて 声にならない声で
君の名前を呼び続ける
悲しくて苦しくて 一人の夜が怖いから
夜空見上げて 君を探してる…


君がくれた指輪を今もしてるよ
これが二人の最後の絆だから
遠い遠い世界で君は今も
指輪を付けてくれているの?

いつかいつか君に伝えたいと思っていた気持ちは
ずっとずっと私の心の中に眠っているままで
どこかで私を見守る君に届くように
私はこの歌を歌うよ…

逢いたくて逢いたくて 声にならない声で
君の名前を呼び続ける
悲しくて苦しくて 一人の夜が怖いから
夜空見上げて…

大好きな君の事を ずっと忘れないよ
移り変わる 景色の中でも
最後まで言えなかった この言葉を君に送るよ
君の事をずっと 愛しているから…



19's Sound Factory
Banner_11.png




もし宜しければクリックお願いしますm(_ _)m

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

初音ミク@恋は戦争 歌詞



作詞&作曲&編曲:ryo


もう行き場がないわ この恋の熱量


灰色の雲 モノクロの喧騒
日差しはかげり 夕暮れは色を変えていく

世界がにじんで それでも好きでいられるかなんて
わかってる けどどうすればいいの
どうしたら どうすれば
バカだな… わたし

始めるのよ これは戦争
嬉しそうなキミをみるなんて!
切なる恋 それは罪
見せてあげる わたしの想いを


叫んでみたメガホンは壊れてたの
どれだけ背伸びしたって 君の視界に入らない

嗚呼、いつの間にか晴れた空 全然似合わない
気持ちが抑えられなくて
どうしたら どうすれば

泣いてなんか ないんだからね

大好き

たたかうのよ ハートを撃て
手段なんて選んでられない
スカートひらり見せ付けるのよ
君の視線奪ってみせるの

迎撃用意
戦況は未だ不利なのです
恋は盲目
君の口づけで目が覚めるの



supercell
koisen.jpg

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

初音ミク@ワールドイズマイン 歌詞



作詞&作曲&編曲:ryo


世界で一番おひめさま そういう扱い心得てよね


その一 いつもと違う髪形に気が付くこと
その二 ちゃんと靴まで見ること いいね?
その三 わたしの一言には三つの言葉で返事すること
わかったら右手がお留守なのを なんとかして!

別にわがままなんて言ってないんだから
キミに心から思って欲しいの かわいいって

世界で一番おひめさま
気が付いて ねえねえ
待たせるなんて論外よ
わたしを誰だと思ってるの?
もう何だか あまいものが食べたい!
いますぐによ


欠点?かわいいの間違いでしょ
文句は許しませんの
あのね?私の話ちゃんと聞いてる?ちょっとぉ・・・
あ、それとね?白いおうまさん 決まってるでしょ?
迎えに来て
わかったらかしずいて 手を取って「おひめさま」って

べつに わがままなんて言ってないんだから
でもね 少しくらい叱ってくれたっていいのよ?

世界でわたしだけのおうじさま
気が付いて ほらほら 
おててが空いてます
無口で無愛想なおうじさま
もう どうして! 気が付いてよ早く

ぜったいキミはわかってない! わかってないわ…

いちごの乗ったショートケーキ
こだわりたまごのとろけるプリン
みんな みんな 我慢します…
わがままな子だと思わないで
わたしだってやればできるもん
あとで後悔するわよ

当然です!だってわたしは

世界で一番おひめさま 
ちゃんと見ててよね どこかに行っちゃうよ?
ふいに抱きしめられた 急に そんな えっ?
「轢かれる 危ないよ」 そう言ってそっぽ向くキミ

…こっちのが危ないわよ



supercell
banner_wim.gif

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

初音ミク@ブラック★ロックシューター 歌詞



作詞&作曲&編曲:ryo


ブラックロックシューター 何処へ行ったの?
聞こえますか?


あとどれだけ叫べばいいのだろう
あとどれだけ泣けばいいのだろう
もうやめて わたしはもう走れない いつか夢見た世界が閉じる
真っ暗で明かりもない 崩れかけたこの道で
あるはずもないあの時の希望が見えた気がした

どうして

ブラックロックシューター 懐かしい記憶
ただ楽しかったあの頃を
ブラックロックシューター でも動けないよ
闇を駆ける星に願いを もう一度だけ走るから


怖くて震える声でつぶやく わたしの名前を呼んで
夜明けを抱く空 境界線までの距離 あともう一歩届かない
こらえた涙があふれそうなの 今下を向かないで
止まってしまう
未来を生きていたいんだ わかったの 思い出して
強く 強く 信じるの

そうよ

ブラックロックシューター 優しい匂い
痛いよ 辛いよ 飲み込む言葉
ブラックロックシューター 動いてこの足!
世界を超えて


最初からわかっていた ここにいることを
わたしのなかの 全ての勇気が
火をともして
もう逃げないよ

ブラックロックシューター ひとりじゃないよ
声をあげて泣いたって構わない 
ブラックロックシューター 見ていてくれる
今からはじまるの わたしの物語


忘れそうになったら この歌を
歌うの



supercell
banner_brs.gif

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

初音ミク@Memories 歌詞



作詞&作曲&編曲:19's Sound Factory


あれからもう
幾つ時を重ね
ここまで辿り着いたのか

戻る事を願う度に
いつも立ち止まってしまうんだ

目を閉じればいつだって
君は優しく微笑んでいて

その笑顔を思い出すと
時に涙が溢れてくるよ

過ぎた日々に
別れを告げ
歩き出せる程強くなくて

時の波に
流される程
淡い記憶でもなくて

だからずっと・・・

忘れないよ
どこに居ても
何をしててもずっと君を思うよ

歩んできた
道が遥か遠く
霞んで見えても

戻ることは
出来なくても
刻み付けた足跡は消えないから

いつに日にか
また君と二人で笑い会えることを

願ってるよ・・・



すれ違う人の中で
ふいに君を見つけた気がして

間違いだと気付いても
まだどこか信じられないんだ

繋いだ手の
温もりがもう
今は上手く思い出せなくて

夢の中で
逢えたならもう
このまま目を覚まさずに

眠っていたい…

忘れようと思うけれど
君と過ごしてきた時の重さが

胸の中に今も
強く根付いて離れないんだ

独りきりで歩む事が
こんなに心細く感じるのは

隣り合っていたはずの
君の足跡が今はもう

見えないから…?



見てきたもの
感じたもの
君が教えてくれたものはずっと

これから先
どんな事があっても
忘れないから

躓いても
道が無くても
もう歩みを止める事は無いから

その時まで
君はずっと
変わらない笑顔でいて…

忘れないよ
どこに居ても
何をしててもずっと君を思うよ

歩んできた道が遥か遠く
霞んで見えても

戻ることは
出来なくても
刻み付けた足跡は消えないから

いつの日にか
また君と二人で笑い会えることを

信じてるよ…




19's Sound Factory
Banner_11.png

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

初音ミク&巡音ルカ@magnet 歌詞



作詞&作曲&編曲:流星P


か細い火が 心の端に灯る
いつの間にか燃え広がる熱情
私の蝶 不規則に飛び回り
あなたの手に鱗粉を付けた

絡み合う指ほどいて 唇から舌へと
許されない事ならば 尚更燃え上がるの

抱き寄せて欲しい 確かめて欲しい
間違いなど無いんだと 思わせて
キスをして 塗り替えて欲しい
魅惑の時に酔いしれ溺れていたいの


束縛して もっと必要として
愛しいなら執着を見せつけて
「おかしい」のが たまらなく好きになる
行けるトコまで行けばいいよ

迷い込んだ心なら 簡単に融けてゆく
優しさなんて感じる暇など 無い位に

繰り返したのは あの夢じゃなくて
紛れも無い現実の私達
触れてから 戻れないと知る それでいいの…
誰よりも大切なあなた


夜明けが来ると不安で 泣いてしまう私に
「大丈夫」と囁いたあなたも 泣いていたの?

抱き寄せて欲しい 確かめて欲しい
間違いなど無いんだと 思わせて
キスをして 塗り替えて欲しい 魅惑の時に
酔いしれ溺れたい

引き寄せて マグネットのように
例えいつか離れても巡り会う
触れていて 戻れなくていい それでいいの
誰よりも大切なあなた

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

初音ミク@メルト 歌詞



作詞&作曲&編曲:ryo


朝 目が覚めて
真っ先に思い浮かぶ 君のこと
思い切って 前髪を切った
「どうしたの?」って 聞かれたくて

ピンクのスカート お花の髪飾り
さして 出かけるの
今日の私はかわいいのよ!

メルト 溶けてしまいそう
好きだなんて 絶対にいえない… だけど
メルト 目も合わせられない
恋に恋なんてしないわ わたし
だって 君のことが …好きなの


天気予報が ウソをついた
土砂降りの雨が降る
カバンに入れたままの オリタタミ傘 うれしくない
ためいきをついた そんなとき

「しょうがないから入ってやる」なんて
隣にいる きみが笑う
恋に落ちる音がした

メルト 息がつまりそう
君に触れてる右手が 震える
高鳴る胸 はんぶんこの傘
手を伸ばせば届く距離 どうしよう…!
想いよ届け 君に

お願い時間を止めて 泣きそうなの
でも嬉しくて 死んでしまうわ!


メルト 駅に着いてしまう…
もう会えない 近くて 遠いよ だから
メルト 手をつないで歩きたい!
もうバイバイしなくちゃいけないの?
今すぐ わたしを抱きしめて!
…なんてね





男性ver.

朝 目が覚めて  
真っ先に思い浮かぶ
君のこと

思い切って髪型を変えた  
「どうしたの?」って
聞かれたくて

グレーのジャケット  
ドクロのシルバーリング
つけて出かけるの  
今日の僕は かっこいいんだ!

メルト 溶けちゃいそうだよ
好きだなんて  絶対にいえない…

だけどメルト 目も合わせられない
恋に恋なんかしないぞ ぼくは

だって君のことが…好きだよ


天気予報が嘘をついた  
土砂降りの雨が降る
本当はそこらで  コンビニの傘でも
買えたけど  ためいき気づいた

もしかして
「しょうがないから入ってやる」とかね
耳まで赤いの バレたかな?  
恋に落ちる音がする

メルト 息が苦しくて
君に触れた左手が震える

熱い鼓動 はんぶんこの傘
手を伸ばせば届く距離  どうしよう…!
想いよ届け 君に

お願い時間よとまれ 泣きそうだよ
でも嬉しくて 死んじゃいそうだ!


メルト 駅についちゃうよ…
もう会えない  近くて遠いよ だから
メルト 手をつないで歩きたい!
もうバイバイしなくちゃいけないの?

今すぐ君を  抱きしめたい!

…なんてな



supercell
melt.jpg

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

初音ミク@ひとひらの 歌詞



作詞:さはら
作曲&編曲:のりP



首に手をかけて 息を吐きだした
頬を切るような凩(こがらし)
紅く染められた 私の掌
色を変えて消えた


やがて瞳は濁り 指先から零れる
ひとひらの 物語だけ抱いて 終末が鳴る

花が枯れたまま 別れ告げるなら
私は今を知るのだろう

悲しみの翼 彼方へ飛んだら
探しに来て ひとり 静寂の果て

叫び声は 凍りついた
(ひとしずくの 涙のよう)
あなたの声 崩れ落ちた
(ひとかけらの 明日のよう)


そして忘却の庭 この躰(からだ)を沈めて
ひとひらの 夢に揺れて溺れた 狂い咲き散る

柔らかな真綿 片手で絞めたら
私はどこへ行くのだろう

果敢(はか)なく消え また形変えたなら
探しに来て ひとり 純潔の果て

叫び声は 凍りついた
(罪に濡れる 瞳のなか)
あなたの声 崩れ落ちた
(嘘に濡れる 心のなか)


傷痕 静かに残さず隠して
すべてを白く 包みこむ光
流れ流れる 時のなか私
それでも永遠を願い祈る

どうして どうして 零れる 終末
私は どうして どうして 悲しみ
静寂 忘却 果敢(はか)なく 咲き散る
手に雪のひとひら 

思い出して 私の名を
あなただけが 知り得る過去

叫び声が 凍りついて
私は今を知るのだろう
あなたの声 崩れ落ちた
私はどこへ行くのだろう

色のない世界 皚(しろ)く咲いた花
あなたが知るのだろう

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

初音ミク@コンビニ 歌詞



作詞&作曲&編曲:cokesi


いつもの帰り道
今日もお店に立ち寄る
ちょっと
可愛い新人見つけた

wktk

お弁当買って帰ろう
所持金は100円が7枚
あの子のレジの前
今がチャンス

猛ダッシュ

さー 全部並べたよ
あの子の声「685円です」
カウンターに小銭を並べて
そこで気付いた

35円足りない 見間違えてた
レジに並んだ 会計待ちの人の視線
小さい声で やっぱりこれ、やめときます・・・
会計済ませ 出口へと急ぐ

いつも寄るコンビニ 
明日来るのがちょっと恥ずかしい
どうして貴方は 穴以外似ているの?
100円と50円玉


会えるのが 楽しみで
今日も お店に立ち寄る
顔を 覚えてくれたよね ハート 
バ・ク・ハ・ツ

温めていきますか?
その声でボク ぽかぽかになるよ♪
そんなの言える訳ないよ ひとり
妄想

カゴに袋入れて にやけた顔で
サドルを またぐよ
ペダル踏んで 信号渡って
そこで気付いた

お弁当忘れてきた 温めてたのに
店の前には ボクを探す あの子の姿
立ちこぎ 全開 急いでそこから逃げ出す
クルマ挟んで 店の中をのぞく

人が沢山いるよ
すぐに行くのは ちょっと恥ずかしい
どうして逃げたの? 戻ってれば
話すチャンスもあったはずなのに


偶然 開いたページが
ちょっとイケナイ写真 そばに女の子
カバン 棚に引っ掛けて
派手に 商品ぶちまける

突然開いたドアに 直撃
おでんの汁こぼした
それでも また このコンビニへ来るよ
会えるから


はにかんだ顔をして こっちを見ているよ!?
これはフラグが立ちそうな予感がしてきたよ
立ち読み するフリ お財布の中身を確認
会計 終わる 何も起こらない
帰る直前 あの子がそっと教えてくれた
冗談 やめてよ 笑われてたのね
ズボンの窓が全開だよ

35円足りない 見間違えてた
レジに並んだ 会計待ちの人の視線
小さい声で やっぱりこれ、やめときます・・・
会計済ませ 出口へと急ぐ

いつも寄るコンビニ 
明日来るのがちょっと恥ずかしい
どうして貴方は 穴以外似ているの?
100円と50円玉

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

かうんたー
☆当ブログ管理人☆

るるなる

Author:るるなる
更新停止中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。